2009年10月01日

出産費用の直接支払制度

 21年10月1日より出産育児の医療機関への直接支払制度が始まりました。
次項有出産育児一時金の額が42万円に増額(産科医療補償制度加入の場合)
 次項有手続きは、医療機関で合意文書を交わすだけです。
 ※出産費用が出産育児一時金の額の範囲内であった場合には、出産後、その差額分が支給されます。

被保険者であった期間が1年以上で、退職して半年以内に出産される人が、勤めていた時の保険証で請求される場合は、「健康保険被保険者資格喪失証明書」を提示してください。
author HP担当 at 15:51